読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazonで買ったマイヒット商品

買い物の9割はAmazon

PITAKA® iPhone 7 Plus ケース 防弾チョッキ素材 極薄 iPhone7plus ケース 携帯カバー アラミド繊維製 (黒/灰 平織)

PITAKA® iPhone 7 Plus ケース 防弾チョッキ素材 極薄 iPhone7plus ケース 携帯カバー アラミド繊維製 (黒/灰 平織)
 
投稿者 ソラ トップ50レビュアー 投稿日 2016/12/16
色名: 黒/灰 (平織) Amazonで購入
 
 
 
 
1:39
 
 
 
 
長さ: 1:38 分
 
iPhone6の時からPITAKAのケースを愛用してます。
すっごく軽量で手触りがよくキズや汚れも付きません。

今回iPhone7 Plusのジェットブラックに黒/灰 (平織)をチョイス
真っ黒なiPhoneに黒系ケースなのでほとんど目立ちません^^;
Plus用でレッド/オレンジ M 紋様柄も合うと思うのですが現時点で日本ではまだ発売されてないようです。
ガラスフィルムも品質がよく指紋でギラついたりしません。
安価なフィルムと比較すると一目瞭然です。

ずっと前から思ってることですが、AppleWatchのバンドもこの素材で商品化してもらいたいな!
  
 
  • 対応機種:iPhone 7 Plus (9H強化ガラスフィルム付き) / 固定された保護リングでカメラレンズをキズから保護できます。
  • アラミド繊維を使用し、極軽量、極薄、耐久性と弾力性などの特徴があります。同じ重さで鋼より5倍強いです。
  • 0.7mm不足の厚さと12g不足の重さです。ケースに優れた傷防止コーティングを使用し、快適で円滑なタッチ感を実現しました。
  • 絶対的にWi-FiGPSと信号に干渉しません。
  • 良好な放熱能力、有害物質含まない、もっとエコフレンドリーです。
 

Q:スマホケースを作る理由は?それと、主要素材としてアラミドファイバーを選んだ理由は?

A:理由は単純です:販売されているスマホケースの中に満足させてくれるものが見つからないからです。ほとんどのケースはプラスチック製かシリコン製で、それらは醜くてダサく外観もチープです。その上、あっという間に汚くなります。いくつかのケースは金属製ですが、かなり重いですし、信号を遮断します。レザーケースは徐々に色褪せ(黒色はとても早い)、木製ケースは相変わらず重く耐久性がありません。デザイナーとして、私は私の友人(技師)と一緒にケースを作り上げることを決断しました。

当社がスリムで軽く頑丈で且つ耐久性があるケースを求めている時に、当社は終にアラミドファイバーを見つけました。アラミドファイバーは、その並外れた比強度に関して素材の間でスーパーヒーローになっています。私たちの日常的な携帯に最適なソリューションです。

“あなたのスマホは美しくセクシーだけれども、そこが問題なのではありません。販売されているほとんどのスマホケースは醜くてダサく、ミリタリーグレードの保護性があると宣伝されているので、とにかくケースと一緒に放り出したくなるでしょう。私の意見としては実社会にそのようなものは必要ありません。それがアラミドでケースを最終的にデザインした理由です。日常の使用で保護性を高める一方、シンプルさ・美しさ・スマホの握りやすさもそのままです。”
著:Yutaka Izubuchi(PITAKA創設者兼デザイナー)

Q:どうしてカーボン製スマホケースを使用してはならないのですか?カーボンファイバーとアラミドファイバーの違いは何ですか?それらはよく似ているようですが…

A:カーボンファイバーは最高級素材であるなど、数多くの要因を列挙できると思います。ですが、カーボンスマホケースを「絶対」使用してはならない理由が「1つ」あります。WiFiGPSブルートゥースや携帯電話の信号などを高確率で「遮断」するからです。

その一方、スマホケースの場合、アラミドはカーボンファイバーよりも優れています。アラミドはカーボンファイバーのように極めて軽量且つ丈夫だという点で同じ特徴ですが、信号干渉は全くありません。
一般的に、アラミドは以下の点でカーボンと差別化しています:

剛性&弾性
カーボンファイバーは、張力と圧力に対して極めて丈夫ですが、砕けやすいです。それ故に、カーボンファイバーは、アラミドファイバーほど丈夫ではありません。従って、もちろんカーボンスマホケースでも壊れやすいということです。その一方、アラミドスマホケースは、より丈夫で柔軟性があります。

電気伝導性
カーボンファイバーは、99%伝導性があり、アラミドファイバーは電気を通しません。つまり、カーボンスマホケースは、信号を妨害するということです。逆にアラミドスマホケースは全く妨害しません。

カラー
自然状態のアラミドのカラーは、ライドゴールドです。現在は、色付けできますしたくさんの素晴らしいカラーが用意されています。カーボンファイバーは常に黒色でそれ自体に色付けできません。カーボンスマホケースは相変わらず黒一色ですが、アラミドスマホケースは多彩なカラーが用意されていることを覚えておいてください。

紙と同じくらい薄くて軽く、金属と同じくらい丈夫で、赤ちゃんの肌のように触り心地が良く、スマホよりも長寿命です。

お使いのスマホは今までより薄く美しくなります。でも本当に気づいていますか?本当に気にしていますか?

当社はそれが心配です。分厚いケースでスリム形状を台無しにしないで、スマホを握る上で清潔・軽量・セクシーなままにしておく方が賢明だと当社は思います。

はい、感触です。昨今、人は1日に何時間もスマホに触れています。当社がその感触について心配する理由です。

真空成型や特殊な3層コーティングを採用しているので、ケースに3次元のグリップ感をもたらし、病みつきになりそうなほど、気持ちの良い質感をもたらすことができています。
特に、スマホを落とし難くするノンスリップグリップは秀逸です。

その他にも、耐久素材を使ったコーティングは、恐らくこのケースを世界一耐久性があるケースにしているでしょう。
決して色褪せしませんし、ほとんど摩耗もせず、防汚性があり、毎日新品のように見えます!お使いのスマホよりも長持ちします。
 

現実的な保護を提供しつつ、お使いのスマホの美しさも保持する完璧なバランス

注意:このケースは万人向けではありません。完璧さを求めて乗り出す際、最も有名な素材に関する科学技師と創造力に富むデザイナーのチームを呼び寄せる。2階建てのビルからお使いのスマホを落とすなどのありそうもないシナリオをテストするような余計なことはしませんでした。その代り、人生で起きる実社会の不測の例外からお使いのスマホを保護する世界一薄い最高品質のケースを当社は製作しました。必要な保護をすべて備え、なおかつ美しさをじっと見たり手触りの気持ち良さ感じたりするケースをお求めならば、PIKATAが最適です。
ほかのスマホケースが誇大広告を用いるという幻想世界から当社のスマホケースを守るために、当社のスマホケースを若干でも厚くしないよう当社は決断しました。
01.突き出ているカメラレンズのための補助的な保護リング:スリム形状を保ちながら保護機能を向上させています。

02.並外れた傷付きにくいコーティング:手作業で磨き上げられた特殊な3層コーティングが各スマホケースに採用されており、お使いのスマホを鍵や小銭から傷を付け難くするのに役立ちます。

03.すべてのボタンへ簡単アクセス:ケースの開き口は、すべてのボタンへ自然な動作でアクセスできるようにスマホ本体ときっちり平行になっています。