読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazonで買ったマイヒット商品

買い物の9割はAmazon

亀の子 たわし 掃除用『シマシマロング』 緑 60×140×30mm

亀の子 たわし 掃除用『シマシマロング』 緑 60×140×30mm
 
  • サイズ:約6×3×14cm
  • 本体重量:約0.05kg
  • 材質:ホワイトパーム(ヤシの実の繊維)、ポリプロピレン、針金
  • 原産国:日本
  • 耐熱温度:約90℃
 

メーカーより

亀の子束子

100年を超えて愛される品質は厳選されたパームヤシを惜しみなく使った繊維の濃さや密度の確かな違い。その繊維が紐掛けの技術によってしっかりと立ち上げられ、使い込むほどに今でも「亀の子は他店の三倍持つ」と称される耐久性を感じて頂けることでしょう。

 

シマシマ

ホワイトパームをベースにカラフルなポリプロピレンを入れ込んだポップなシリーズ。パームやしや棕櫚の製品よりも、少し硬めの繊維を使用しています。

 

シマシマロング

「ロング」は、周囲の紐かけがなく、短めに刈り込まれているのでより固めな仕上がりです。 先端まで使えるので、底の深いものでも大丈夫。 細身のフォルムはしっかり握れて力を入れやすいので、面の大きさを活かして根菜の皮むきにもぴったりです。

 

素材へのこだわり

 

 

 

 

 

 

 

 

椰子の天然繊維

亀の子束子の原材料はヤシの天然繊維を使用しています。ココナッツヤシの繊維は水に強く程よいかたくハリがあります。

採集された椰子の実は中身を取り(中身は別の用途に使用されます)、殻を3~4つに割り、4~6週間のあいだ水につけておきます。

掻解

柔らかくなった椰子の実の殻を掻解機にかけて、繊維と外皮を分離した後に、水洗いすると剛い繊維となります。

櫛けずり

取り出された繊維は櫛けずり機にかけほぐしながら太さを揃えます。使用される繊維は高品質の等級がつけられたものだけを使用しています。

 

最高の素材 最高の技術

 

 

 

 

 

 

 

 

断裁

束ねた繊維を所定のサイズに断裁します。後の仕上がりにつながる大きな作業です。束子の芯になる針金はあらかじめ折り曲げてあります。この間に繊維を隙間なく詰めていきます。

棒巻き

棒巻きはたわしづくりで一番難しい工程とされます。微妙な手先の感覚が必要な為、これだけ機械化が進む中でも手作業でしか出来ません。繊維を均等に密度高く詰めるこの技術が亀の子束子の高い品質の鍵となります。

刈込み

棒状に仕上がったものを、刈込機に入れて繊維を刈りそろえます。 刈りそろえられたものがたわしの基本形、棒たわしになります。

仕上げ

繊維をしっかり立ち上げるために側面には紐かけをしています。余った針金は切り、外側にでないよう閉じて出来上がり。保管の際に使われる金属の輪の部分は、巻き込む際に金具をセットして形作られています。

投稿者 ソラ トップ50レビュアー 投稿日 2016/5/22
Amazonで購入
何処にでも売ってる茶色の亀の子たわしと比べると厚みは2/3程度
幅も狭く握った感じかなり小さいです。
普通のたわしより見た目が綺麗だから台所に置いてても違和感ありません。
使い心地は小さい分、掃除し易いと思います。